ホワイトリストについて

トップページ > ホワイトリストについて

不良不適格業者の排除(ホワイトリストの作成)

オープンブック方式を実践することにより、「お金の流れ」の開示や、「施工体制の簡略化」による「重層構造の排除」などが実現できます。そのことにより、透明性の確保と低コストを実現することができます。

逆に言えば、オープンブック方式を採用しなければ、価格開示方式(RM方式)とは言えません。

オープンブック方式を実践するには、大規模修繕に参入している会社の中の不良不適格業者を排除し、優良なノウハウのある会社(管理会社、建築設計事務所、ゼネコン、大手専門工事会社、職人)を活用することが必要です。

ホワイトリストは、

・管理会社

・建築設計事務所

・施工会社

・職人、ごとにホワイトリストを作成します。