ホワイトリストについて

トップページ > ホワイトリストについて

ホワイトリストの作成・公表

価格開示方式®に取り組むには、従来の設計コンサルタントのスキルに加え、独自のマネジメント能力が必要となります。 その必要性から、2015年度には、「認定マンション・リノベーション・マネジャー資格制度」を制定導入しました。

次に、施工現場における施工管理者についても工事費を原価と利益等を明確に分離し、精算できるスキルの習得が必要となります。その要望を受け、2017年度には、「価格開示方式監理技術者、価格開示方式主任技術者資格制度」を制定導入しました。

また、地域の活性化の観点から建設関連の技術者のスキル向上のために「国土交通省地域建設産業活性化支援事業」で採択された「ホファイトファイル事業」で行うホワイトファイルセミナーを2016年度から実施しています。

2019年度には、これらの資格者・受講修了者人材やこの人材を抱える企業のホワイトリストを作成し公表する予定です。

ホワイトリスト企業は、価格開示方式®を実践できる企業として広く周知されることになります。