会長挨拶

トップページ > 会長挨拶

会長 岡 廣樹

会長 岡 廣樹

プロフィール

1950年生まれ。一級建築士、マンション管理士、認定マンション・リノベーション・マネジャーなど

主な著書:「CMガイドブック」「CMガイドブック(改訂版)」「CMガイドブック第3版」(ともに共著、日本コンストラクション・マネジメント協会)
「価格開示方式(RM方式)によるマンション大規模修繕」(東洋経済(編著))
「そこが知りたい マンション大規模修繕Q&A」(鹿島出版会(監修著)
「はじめてのマンション大規模修繕 「価格開示方式」が管理組合を救う」 オンデマンド (ペーパーバック)」(東洋経済)


ご挨拶

一般社団法人日本リノベーション・マネジメント協会(RM協会)は、適切な発注者支援を、適切なコスト・適切な品質の改修工事を透明性を持って行うことができる「価格開示方式®」を普及するための団体です。
価格開示方式®は、CM方式のカテゴリーの中で修繕・改修に特化したRM方式をより厳格に定義したマネジメント方式です。

2017年1月、国土交通省通知は、「設計コンサルタントを活用したマンション大規模修繕工事の発注等の相談窓口の周知について」を発しました。このことにより、業界内で不適切な問題が存在することを国土交通省が認めたことになります。

価格開示方式®では、そのような不適切な問題を排除できるマネジメント・システムを採用しており、「マンション管理組合様」、「ビルのオーナー企業様」などの発注者が透明性、公平性、適正価格、適正品質を担保できる手法です。
また、発注者自らが関係者(区分所有者や株主)に対して、説明責任を達成できる手法です。

価格開示方式®は、建築設計事務所や建設会社から見れば、透明性、公平性、職業倫理を保てる手法です。
建設業界を取り巻く不適切な慣習を排除でき、違法な行為を行わなくても適正利益を確保できる手法です。特に、分譲マンションの維持保全には最適な手法です。
価格開示方式®に取り組むには、従来のコンサルタントのスキルに加え、独自のマネジメント能力が必要となります。
そのため、2015年度に「認定マンション・リノベーション・マネジャー資格制度」を構築しました。また、施工管理においても工事費を原価と利益等に分離し、精算できるスキルの習得が必要となります。それを受け、2017年度に「価格開示方式監理技術者・価格開示方式主任技術者資格制度」を構築しました。

次に、国土交通省地域建設産業活性化支援事業で採択された「ホファイトファイル事業」で行うホワイトファイルセミナーを地域に根付いた建設関連の技術者を対象として2016年度から実施しています。

次のステップとして、2019年度には、資格者や受講修了者等の方々及び、所属企業をホワイトリストとして、整備し公表する予定です。

発注者の皆様が安心して価格開示方式®を採用していただく土壌は、整いつつあります。
安心して価格開示方式®の採用のご検討をお願いいたします。

私たちは、良質なマネジメント手法を追及し、自己改革を続けます。

私たちは、今までの業界団体では為し得ない問題を考える組織として邁進する所存です。
今後ともRM協会の活動に対するご支援をよろしくお願い申し上げます。

会長 岡 廣樹